埼玉病院さまに病床不足解消のためキャンピングカーの無償貸出をしてきました

コロナ対策として、妊婦さんのPCR検査を安全な場所で行うためにご利用予定とのことでした。

妊婦さんは分娩前にはPCR検査を実施しているそうですが、院内感染の予防として臨時で立てた屋外のテントで行っているとのこと。

既設のテントを待合室代わりとして、キャンピングカー車内でPCR検査実施予定とのこと。

緊急時の対応ということもありますが、立地上風も強く吹く屋外のため、ご担当の方も頭を悩ませていたところに、キャンピングカー車内で検査をするのに使えるということで当社にお声がけいただきました。

取り組みの背景

このお貸出の背景として、コロナ対策や緊急事態宣言が発令されている中、多くの方の予想通りキャンピングカー利用が極端に少なくなっています。

そこでネットで見た「キャンピングカーを貸出し病床不足解消へ!医療機関・自治体へ」や「#キャンピングカーで医療現場を支援しよう」といった取り組みに感銘を受け、当社でも『寝かせておくくらいなら…』と思い、保健所などに連絡して無償貸出の旨を伝えていました。

そこでから担当の方の耳に入り、昨日、納車してきた次第です。状況を見ながらではありますが、まずは1ヶ月間お貸出する予定です。

微力ではありますが、これで少しでも助けになれば嬉しい限りです。

北海道でワーケーション体験モニターツアー募集中!詳しくはこちら